白身魚の桜蒸し:桜料理レシピ

画像 3029.jpg


和菓子に桜餅というのがあります。
その料理バージョンです。

中のあんこの部分が白身魚になっていて、薄い塩味です。

白身魚は、クセのないものなら何でもかまいません。
三枚におろして、あるいは切り身を使いますが、
骨を全て取り除いておきます。
薄い塩をします。

もち米は、薄い桜色に染めた水に一晩浸けます。
ごく薄い色にしておかないと、蒸したときに桜というより
桃の花の色になりますので注意。
浸けたもち米を7分程度(少し硬めに)蒸します。

白身魚を蒸したもち米で包んで、もう一度蒸します。
白身に火が通り、もち米も程よく柔らかくなるのがベストです。

鍋にダシを入れて(一番ダシ)吸い物より少しだけ濃い味を作り、
水溶き片栗粉でトロミを浸けます。
一緒に盛る菜の花やタケノコ、ワラビなどは、別に煮ます。

椀に桜の葉の塩漬の塩抜きしたものを敷いて、
白身もち米蒸しをのせて葉先をくるっと巻きます。

あわせる野菜を添えて、トロミを付けた餡をかけます。

桜の時期だけの春の味です。

桜鯛で作れば、絶品ですね。



Sponsored Links


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。