ハモのひつまぶし

ハモは、年中ある魚ではありますが、
初夏から晩夏まで、美味しくいただけます。
なかでも梅雨からお盆までが、美味しいでしょう。

さっと表面だけ茹でて、酢味噌や梅肉でいただくのは、
夏の暑いときには、さっぱりとして良いものです。
2013051407.JPG

関西で「ハモちり」と言われるのが、これです。

照り焼きにして、棒寿司のネタにもいいですね。

うなぎのように、ごはんにのせて、
ハモの「ひつまぶし」風にしても美味しい。
脂っこいのはどうも・・・。という方でも
ハモなら、白身であっさりしていますので、
タレの加減をすれば、こってり風から
あっさり風まで、いろいろと楽しめますよ。
2013051607.JPG


蒲焼のタレのほか、醤油1:みりん1:酒1のタレで
仕上げ、木の芽(山椒の葉)をトッピング。
オススメのあっさり系「ハモご飯」です。


Sponsored Links


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。