サワラ料理レシピ

サワラは、魚偏の春と書きますが、
私は初夏からのほうが、美味しいと思っています。
これには、地域性もあることを、ご承知ください。

2013052513.JPG


5月ころにサワラはお腹に卵か白子を持っています。
これが5月終わりから6月に大きく育ちます。
(個体によって差はあります)
当然身も肥えてくることになります。

刺身は、頗る美味しいですね。
表面を炙った、カツオ風のたたき、これも美味。
塩焼き、味噌漬け、蒸し物にもできます。
DVC00002.JPG

これは、潰した豆腐をサワラで包んで蒸した料理。

spanish mackerel.jpg

サワラの木の芽焼き。
醤油1:みりん1:酒1を合わせて、
ごく薄く塩をしたサワラを焼いて、焼き上がりに
この合わせタレをかけながら、焼き上げます。
山椒の葉(木の芽)をこのタレに刻んで入れておくか、
焼き上がりに振りかけて、さっと温めて仕上げます。

サワラは、やはり大きなものが良いですね。
切り身で売っているときでも
幅の広いものを選びましょう。

生あるいは、たたきで食べるとき以外は、
感じない程度の塩をしておくことが良いですよ。
全く塩をしないものとは、出来上がりの味わいが違ってきます。
タグ:サワラ


Sponsored Links


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。