飲食店が教えるナイショの裏技レシピ > 冬味 > マコガレイの産卵時期:子持ちマコガレイの煮付け

マコガレイの産卵時期:子持ちマコガレイの煮付け

マコガレイ:愛媛ではアマテガレイと呼びます。
07022717.DSCF1727.JPG

2014012501 (9).JPG

秋頃から、卵を持ち始めます。
写真のマコガレイは1月中旬のもので、
下の写真にうっすら透けてピンクの卵が見えます。

個体によって違いますが、晩秋から春に産卵します。
卵を産んだ後は、痩せていてあまりおいしくありません。
あまり痩せない魚もありますが、マコガレイは、
げっそりと痩せてしまいます。
オスのほうは、そこまで痩せませんけれど・・。

卵を抱えて、卵がまだ成熟しないころまでは、
身もおいしいです。
卵が成熟すると、卵にが透明になってきます。

冬くらいまでは、卵を抱えていても、身はしっかりしていますが、
新年を過ぎて、春までは、産卵前か後かを見極めて、
買い求めるようにしましょう。

2014012501 (11).JPG

身も痩せていなくて、卵もびっしり入っている
おいしそうなマコガレイです。


1尾で2〜3人前、大きなものは5切れ以上取れるものも
ありますね。
通常はこんな切り方をします。
2014012501 (12)-1.jpg

頭を斜めに落としますから、それと平行に切ります。

卵がたくさん入っているときは、
卵が平均にいきわたるように
こんな切り方をするのも良いでしょう。
2014012501 (12)-2.jpg


魚の卵の部分は、火の通りがあまり良くありませんので、
少し長めに煮付けるか、途中で、或いは、ほとんど煮付けが
出来上がった状態で、電子レンジ(弱)するのも良いでしょう。
(強)のレンジは、卵がパチパチはじけることがありますので、
注意してください。

カレイ・ヒラメ類は、
甘味を抑えて、醤油が勝った薄味の味付けをしますが、
卵を抱えているときは、甘味も少し増やした味付けも
おいしいと思います。





Sponsored Links


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。