飲食店が教えるナイショの裏技レシピ > 食材・下処理・おろし方など > 卯の花料理:おから料理:おからの下処理

卯の花料理:おから料理:おからの下処理

野菜などを入れて、煎りあげた卯の花。
あるいは、酢を使った卯の花料理。
愛媛県には、握り寿司のご飯の部分を
おからで作る「いずみや:丸寿司」という料理があります。
それらの料理は、店で売っているおからを
さらに下処理すると、口触りの良い美味しいおから料理になります。

大きなボールや鍋に水を入れて、ザルを上から置きます。
その中に買ってきたおからを入れ、水の中で漉します。
2014021101 (3).JPG


下に漉された細かなおからを、
布袋で水気を切ります。
2014021101 (4).JPG


ザルに残ったおからも、もう一度くらい
同じようにザルで水中で漉して、残った細かなおからを
漉します。

これで、細かなおからだけになりました。
2014021101 (5).JPG

豆のヘソの部分や、皮の大きな部分は除かれたわけです。

これを使って、おから料理をすると、
口当たりの良い、美味しいおから料理が出来ます。


ちなみに、細かなおからを売っている豆腐屋さんもあります。
豆腐屋さんは、豆乳を得るため、煮た大豆を二度搾り機にかけます。
一度目は搾ったもので、粗いおからです。
さらにもう一度搾った、二番搾りのおからは、
とても細かく、滑らかなのです。
これが手に入れば、上の作業は要らないわけですが、
数量が少ないので、スーパーなどの店舗では、粗いおからしか
売っていない場合が多いです。
そんな時は、10分程度の作業で、格段の美味しさに変身します。
是非、お試しください。



Sponsored Links


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。